2012年10月

ONE湾PT(港湾改革プロジェクトチーム)視察 平成24年10月22日

画像1平成24年10月22日、大阪湾を一つにし国際競争力を高めるために結成したONE湾PT。
今回は大阪市港湾局と水上警察に視察に行きました。
画像1

船舶が港に入港する際、航行や接岸の補助する船を曳き船(タグボート)といいます。現在は行政が直営で運営と民間の運営の量だてです。かつてより大阪市直営のタグボートは減り、2隻となっているのですが料金体系が他の地域より複雑かつ高額。
港では入港の際、1万トン以上の船は推進の関係もありタグボートと水先案内人をつけるそうです。
東京や横浜などの他の都市との競争力をつけるにはこの料金設定をなんとかしなければならない。

また、この料金設定は民間が行政が直営している料金設定に右にならえしている傾向にあり行政がこの競争力強化について阻害しているおそれがあります。
津波の際、行政のタグボートが船を沖まで曳航して対策を行うという意見もありますがたかだか2隻。港には常時複数の船がいることからその実効性に疑問もあります。今後、公開討論会なども含め議論を進めます。

さらに大阪府の水上警察。われわれが日々お付き合いしている警察署と一味ちがいます。
河川や海域、臨海部の犯罪防止、人的救助。
日々、巡視艇で警備されているとのことでしたので見学させていただきました。画像1

11月1日には港湾関係の公開討論会もあり様々な観点から意見が交わされます。その準備のためPT一丸となって頑張ります。

平成24年10月21日 ガーデンパーティ 御礼!

平成24年10月21日(土)後援会主催のガーデンパーティを開催させていただきました。
秋晴れのもと、濱田剛史高槻市長、松波ケンタ衆議院議員から来賓のご挨拶。そして私、池下のご挨拶&府政報告をさせていただきました。

今回は府政報告ともに「大阪維新の会たかつき・しまもと支部」の立上げを報告させていただき、今後地元の市議会議員の方々とも地元の活性化に務めたいと思っています。

また、来場していただいた皆様は約230名ほど狭い庭で大変もうしわけございませんでした。
今回は屋外という解放的な空間で、地元高槻の方々に日本伝統の音楽である雅楽、そして河内音頭で有名な河内家菊水丸さんにご演奏いただきました。
さすがに菊水丸さんの演奏には来場された皆さんも大拍手!その後も料理の鉄人、太田忠道氏の3mにおよぶ太巻きづくりの実演、ビンゴゲームと大変もりあがりました。

これもひとえに企画から準備片付けまでご協力いただいた、後援会役員のみなさん、当日お手伝いいただいた皆さんのお陰様です。
本当にありがとうございました。

高槻警察署 視察 平成24年10月15日

かねてより、気になっていた高槻警察署の建物設備の視察に行ってきました。事務所のすぐお隣にある警察署ですがとても古い。

高槻警察署の歴史は、
明治11年3月に、茨城警察署高槻交番所として発足、大正15年に高槻警察署に昇格。昭和13年11月には大阪府三島郡高槻町字上田辺185番地に庁舎を新築移転し、同23年3月、旧警察法の施行により高槻市警察署として新発足したが、昭和29年7月の警察法の改正により高槻市警察署を廃止。

同時に島本町を管轄区域に編入し、大阪府高槻警察署として発足。
昭和47年10月、国鉄高槻駅前市街地再開発事業計画により、現在地(高槻市野見町2ー4)に移転し現在に至っている。
管内の面積は22.09㎢、世帯数は157201世帯、人口は385762人(平成17年4月末現在)

今回、改めて警察署内を視察させてもらったが、まずは建物自体に耐震化されていないため、災害が起こった時の指令拠点となる設備が倒壊する恐れが非常に高いこと。これは、大阪府下で平成27年までに全ての警察署で耐震化されるということであるが、建物の狭さと不便さを感じます。
そして狭さのため、いざという時に各課ごとの連携がうまくとれるのか、駐車場の狭さのために車両保有数も管轄の広さのわりに制限されるのではないか、時には一般の方が警察署に車で入られるので警察署のために171号線に渋滞が発生することもあります。
また、夜勤をされる警察官の方のお風呂場も古くて狭く、女性用にいたっては更衣室の中にシャワー室が後から備え付けられたのみで、換気も悪くカビが生え放題だそうです。さすがにこれでは警察官のモチベーションも下がるのでは。。

今、高槻警察署は建て替えの順番でいうと13番目。しかし、旧警察法の関係から署の土地は高槻市。上の建物は大阪府のものとなっている。高槻、島本の住民の安全は警察がになっていつところが多分にある。

土地の関係からは高槻市が市民会館の建て替えの際に土地を拠出するのかどうか、また市民会館の計画が進んでいないために警察署のところ迄、話が及んでいない模様。
高槻市、市長、市議の皆さんには速やかな議論をお願いしたい。府議会議員として大阪府に私も働きかけたいが、いかんせん土地は高槻市のものである。ここは府市の連携が市民町民の安全につながることを関係者の皆さんにお伝えしたい。

高槻市パスポートセンターがオープン!平成24年10月1日

平成24年10月1日、これまで大阪府の所管として取り扱われてきたパスポートの申請などの業務が中核市以上の都市に権限移譲されました。
今回は高槻市を含めた3市。他には堺市、東大阪市があります。

国から都道府県へ、そしてさらに高槻市などの基礎自治体へ。それぞれの行政が責任をもち役割分担することが大切ですね。
ちなみに、日曜日もしているのは3市のうち高槻市だけです!

高槻市パスポートセンター
(所在地)
高槻市紺屋町1番2号 クロスパル高槻(総合市民交流センター)1階
TEL 072ー681ー9360 FAX 072ー686ー3017
(申請できる方)
日本国籍を有し、高槻市に住民登録をしている方
日本国籍を有し、高槻市に住民登録はないが、高槻市にお住まいの方
(取り扱い内容)
旅券の新規申請 、旅券の訂正申請、旅券の紛失申請など
(取扱時間)
申請日時 月曜日〜金曜日 午前9時〜午後4時30分
交付日時 月曜日〜金曜日、日曜日 午前9時〜午後5時15分