2013年03月

日本維新の会 第一回党大会

画像1平成25年3月30日、日本維新の会の第1回党大会が大阪国際会議場にて行われました。
橋下徹代表の挨拶の後、松井一郎幹事長から規約&活動方針等の説明があり満場一致で賛成されました。

いよいよ参議院選挙に向けてスタートがきられることもあり、この日は第一次公認の候補予定者が発表されました。
YouTubeにて、橋下代表の挨拶をアップしておきますのでごらんください。
http://m.youtube.com/watch?v=fKl7U6WuVtY&feature=plcp

古曽部防災公園前信号機の設置完了‼

平成25年3月11日、だいぶ春らしくなった中地元のご要望で古曽部防災公園前に信号機がつきました。
約2年前、大阪府議会議員に当選させていただいてからごぼ最初の陳情を受けて実現できた信号機ですので感慨ひとしおです。

今回は古曽部台の住民の皆さんと近所の幼稚園の園児さんが駆けつけていただいて、信号機に点灯させてもらいました。
画像1
信号機にしても1基約1000万円程度かかると聞いたことがあります。大阪府の厳しい財政状況の中、高槻で1年で設置されるのはだいたい1基程度。優先順位をつけて設置されるそうです。昨年、亀岡市の通学路での事故があってか設置にむけてスピードがあがったとのこと。
画像1画像1

この地は奥坂小学校、第八中学校、高槻北高校と学校の通学路になっている上、防災公園には地元住民の皆さん、子ども達の憩いの場ということでこの道路は人通りもある状況。しっかりと交通調査もしてもらい本当に必要な箇所と認めてもらいました。

地元自治会の皆さん、警察関係の皆さん有難うございました。

商工労働委員会にて議論!「特区・労働知識に関する周知・ニートなどの若者支援について」

平成25年3月8日、商工労働委員会にて質問させていただきました。
内容は、⑴「国際戦略総合特区の周辺地域における企業支援について」
⑵「企業・労働者及び求職者に対する労働知識の周知について」
⑶「ニートなど若者の自立支援について」

⑴について国際戦略総合特区とは、大阪の指定地域において新エネルギーなどの対象業種に対し、地方税を5年間ゼロ、後5年間1/2にしさらに多方面にて企業誘致するために優遇条件をつける。関西にヒト・モノ・カネを呼び込むための目玉施策です。

もちろん、特区内の活性化が周辺地域の活性化に繋がるのですが、いかんせん大阪の特区の規模が他のアジア諸国に比べて小さい。例えば大阪の特区地域は64.9平方kmに対しシンガポールは710平方km。他国では周辺地域どころか周辺地域までも特区で取込み経済発展を遂げている。
現在は特区前からあった施策を再構築して投資に対する補助金などをしているそうですが、私は特区の関連企業だけでなく、いわゆる一般の中小企業まで特区効果が及ぶようにしなければならないと考えます。
高槻・島本の近郊の茨木市彩都が特区指定を受けています。ぜひとも地元の活性化にもつなげたい。

民間企業の取引は市場原理に基づいているものとは重々承知していますが、ビジネスマッチングなど是非とも地産地消で地域の中小企業と特区ビジネスを繋いで大阪経済を発展させるように要望しておきました。

⑵については、これまで税務会計の講師、税理士の経験からの質問。
以前の教育常任委員会でも質問しましたが、いわゆる働いている人、サラリーマンの方々に税金(納税)や社会保険、雇用保険、労働に関する意識が低いということをこれまでの経験から感じていました。

講師時代、ハローワークの職業訓練講師をしていましたが、話をしていると会社を辞めてからどのような手続きをしたらよいかわからない。元々、辞めてからの大変さがわかっていないからすぐ離職するというケースを多々みてきました。
それは学校教育で納税意識の大切さ、社会保険の仕組みをきっちり教えていないから。一原因でしかないと思いますが、税金を納めない、年金の滞納などにも現れてきます。

そして労働に関する知識をもっているということは、ブラック企業といわれる労働搾取企業からも身を守る。学校だけでなく、社会に出てからも企業やその他で研修の機会・啓発を行うよう訴えました。

⑶については、いわゆるニート(=教育・労働・職業訓練のいずれにも参加していない人)について。
じつは、ニートのうち約7割は就労意欲があるとのデータ。少子高齢化が進む時代、貴重な戦力です。

大阪府では就労意欲のあるニートのことを「レイブル」(=LATE BLOOMER遅咲きの造語)と呼び若者サポートステーションにて支援をしているとのこと。

仕事を辞めた理由にも様々あると思いますが、多くは傷つきやすい若者。本人たちのケアや企業の受入意識の向上について質問しました。

詳しくは
http://www.gikai-web.jp/dvl-osakahu/
のアドレスからネット中継の録画がありますのでご覧ください。