ご無沙汰しております。最近、バタバタとイロイロな出来事がありBlogも更新できてませんでした。

統一地方選挙までもうわずかとなり、朝の駅頭でも政策を訴える方々との場所取りが熾烈を極めています。

しかし、現職の府議会議員として政治活動ばっかりはしていられないたゆうこで、この間にも意見交換や情報収集に努めています。

今回は『高槻市立市民会館』の建替えについて。現在の市民会館(現代劇場)は昭和39年築とかなりの老朽化。
今回の建替えは高槻市の顔や文化の中心地として大事なものであるためにしっかりと計画段階からやっていただきたい。

当然、市議会議員の先生方には議会での議論もされるかと。しかし、その地域の国会議員、府議会議員にはこれまで説明なし。当然、大阪府とも連携をしていくにも関わらず。
ということで、当然のごとくこちらからアポをいれご説明をいただきました。

新しい市民会館は現在の市民グランドやさの前の駐車場に移転。
では、今の場所はどうなるの?と伺ったところ、公園になるとのこと。

公園になるのは構わないと思うが、市民会館の隣にある、今の高槻警察署についてはどう考えているのだろうか。
高槻警察署は当然、大阪府警。しかし、昭和28年の警察法改正前から高槻には警察署があることから、高槻署の土地は高槻市が所有、建物は大阪府が所有となっています。

高槻、島本にお住いの方はご存知の通り駐車場も狭ければ、建物も古い。
駐車場が狭いために、駐車待ちの車が国道にはみ出し大渋滞。必ずしも建て替えれる保証はないものの、府議会議員や関係機関ともっとアイデアや連絡をしあわないといけないと感じています。

そのほかにも市民会館についてはいろいろ思うことがありますが、市議会議員でもないので今日はここまで。

ただ、今回の件に限らず大阪府と連絡が取れていないことを4年間で見てきました。地元を良くしていきたいという気持ちは皆さんあるかと思いますが、より良いものにしていくためにはヤルべきことが沢山あります。
これからも真摯に対応していきたいと思います。